主な特長

ヒュミセルとツインセルの元になった製品

「カサバー」は、ティーネットジャパン カサバー事業部が1959年に中外炉工業株式会社の空調部門として発足して以来、製造・販売している製品です。食品、化学、製鉄、製薬、病院などあらゆる分野に数多く納入し、空調に関する様々な問題の解決に貢献してきました。「ヒュミセル」「ツインセル」はカサバーで培った技術を元に開発された製品です。

除湿と加湿がこれ1台

夏は除湿をすることでさらっと涼しく、冬は加湿し、しっとりとした暖かさがカサバー1台で得られます。また、カセン溶液が空気の細菌・真菌や塵埃を取り除きます。空気質を改善することで、快適な空間を提供します

さまざまな温度湿度が思いのまま

カセン溶液の濃度コントロールにより、温度湿度が思いのままです。冷却除湿方式では難しかった低露点空気(0℃DP以下)も供給できます。たとえばゼラチン、ソフトカプセル、ドライフーズ、粉末調味料などの製造シーンで活用いただけます。

空気の除菌・除塵作用

除菌作用をもつカセン溶液を使用しています。このカセン溶液を直接空気と接触させることで除菌し、また、塵埃をたたき落とすことで除塵も行います。食品製造では除菌空気による室内乾燥で雑菌の繁殖を防ぐなど、HACCPの微生物制御対策にも貢献します。

●細菌測定

細 菌
外気サンプル
カサバー送風空気
(テストルーム内)サンプル

※写真は日本食品分析センターによる分析

真菌(カビ類)
外気サンプル
カサバー送風空気
(テストルーム内)サンプル
試験方法それぞれ測定環境下で測定用平板を30分間暴露させ下記の条件にて培養した。
測定用平板 細菌 : トリプトソイ寒天培地(30℃ 5日間培養)
真菌 : クロラムフェニコール添加ポテトデキストロース寒天培地(25℃ 5日間培養)

メンテナンスが容易

カセン溶液は化学的に安定した物質で蒸発することはありません。溶液濃度が薄くなった場合でも溶液を補充するだけで、いつまでも新設時と同様の除湿能力が維持できます。また、冷却用、加熱用の熱交換器はメンテナンス性のよいプレート式を採用しています。プレートの取り外しが可能なので、洗浄作業も容易に行うことができます。

導入施設イメージ

  • 医薬・医療製品製造工場
  • 食品工場・醸造施設
  • 病院・介護施設
  • 鉄鋼・電機・化学・精密機器工場など

Kathabarの仕組み(参考フロー図)

●FV型

●FH型

※カセン溶液のエアワッシャーに空気を一度通すことで空気中細菌の97%が不活性化することが米国Toledo(トレド)大学Dr.Solbergにより、発表されています。 出展 : (米国)THE OHIO JOURNAL OF SCIENCE Vol.LVI.No.5 論文「The Collecting of Airborne Microorganisms(空中浮遊微生物の収集)」

※カセン溶液の除菌効果は、菌の種類や使用状況(温度・湿度・部屋の広さや形状・空調など)によって異なります。

※導入施設の写真はイメージです。

資料ダウンロード