UVC空間除菌機(Remoba UVC)とオゾン発生器(Remoba OZONE)に関する主なFAQです。
記載のないご質問やその他、またRemoba UVC/OZONE以外の製品に関するお問い合わせは「お問い合わせフォーム」よりお願い致します。

除菌の原理はどのようなものですか?

オゾンはオゾン分子から分解された酸素原子による細菌やウイルスの酸化分解により除菌しています。
UVCは細菌やウイルスの核酸(DNA・RNA)がUVCを吸収し、原型質破壊することで除菌しています。

設置台数が多いほど効果はありますか?

UVC空間除菌機(Remoba UVC)は設置台数が多いほど効果を発揮します。
オゾン発生器(Remoba OZONE)は適用畳数に対し、適切な台数の設置をお願い致します。

新型コロナウイルスに効果がありますか?

薬事法や景品表示法により、特定の細菌やウイルスへの効果を謳うことは禁止されています。
但し、感染の予防を保証できる訳ではありませんが、オゾンは複数の大学・研究機関で不活性化が立証されていますし、UVC空間除菌機(Remoba UVC)の内部に使用しているUVC-LEDチップについては不活性化するデータが得られております。

インフルエンザに効果がありますか?

薬事法や景品表示法により、特定の細菌やウイルスへの効果を謳うことは禁止されています。
但し、感染の予防を保証できる訳ではありませんが、オゾン・UVC共に不活性化に対する試験を実施しています。(UVC空間除菌機(Remoba UVC)は2021年1月に実施予定。)

UVC空間除菌で除菌にかかる時間はどれくらいですか?

UVC空間除菌機(Remoba UVC)は、除菌機内に1時間に1回8畳相当分空間の空気を吸引する様に設計しています。よって8畳でご使用いただいた場合1時間かかる仕様となります。

20畳の部屋でオゾン発生器で除菌にかかる時間はどれくらいですか?

細菌やウイルスの種類にもよりますが、藤田医科大学発表では、オゾン濃度0.05PPMとした場合に20時間で新型コロナウイルスが5.7%まで感染性が減少したとプレスリリースしています。

換気は必要ですか?

換気は、空間に浮遊する細菌やウイルスの濃度を薄める(希釈する)有効な除菌方法です。換気が出来る環境であれば定期的な換気を推奨します。

設置場所はどこでも良いのでしょうか?

UVC空間除菌機(Remoba UVC)はドアや窓から遠く、外部との換気が行きわたり難い場所への設置が望ましいと考えております。
また、オゾン発生器(Remoba OZONE)に関しては、エアコン、サーキュレータや空間除菌機との併用などでの空気の循環が良い高さへの設置を推奨いたします。

一般家庭でも使用できますか?

取扱い説明書に記載されている事項を遵守いただければ家庭用としてお使い頂いても問題ありません。

製品の保証期間はどれくらいですか?

製品保証はご購入日より1年間です。

製品寿命はどれくらいですか?

UVC空間除菌機(Remoba UVC)は定期的なメンテナンスを頂いた上で約5年と考えておりますがご使用方法によっても左右されますため保証値ではございません。
オゾン発生器(Remoba OZONE)は定期的なメンテナンスを頂いた上で約50000時間(約6年)と考えておりますがご使用方法によっても左右されますため保証値ではございません。

故障したときはどうすればいいですか?

保証期間内の場合は、修理もしくは交換させて頂きます。
保証期間外の場合は、コールセンター(0120-734-929)にお問い合わせ下さい。

必要なお手入れ、メンテナンスはありますか?

UVC空間除菌機(Remoba UVC)はプレフィルターを1~3ヶ月に一度、掃除機で吸引して下さい。
HEPAフィルターは6,000h毎に交換点灯ランプが表示されます。
その際にはHEPAフィルターの交換を推奨します。
オゾン発生器(Remoba OZONE)は、オゾン発生体を1~3ヶ月毎に付着物を取り除いて頂ければ結構です。

人体やペットなど動物に影響はありませんか?

UVC空間除菌機(Remoba UVC)は影響ありません。オゾン発生器(Remoba OZONE)は適用畳数を守って頂ければ人体への影響はありません。
ハムスターやリス等の手に乗る程度の小さい動物は、人間のような体の大きな生物と比べるとオゾンに対する影響が強くなる傾向が見られます。
当社製品のターゲット濃度は自然界に存在するレベルですので問題はありませんが、オゾン発生器の近くや直下に小動物が長時間いる環境ですと呼吸器系の異常等が考えられるため、オゾン発生器付近には小動物が常時いるような環境を作らないでください。

空間除菌機(Remoba UVC)のファン内部が青く光りますが深紫外線が漏れているのでしょうか?

動作していることが視認できるように通常の青色発光ダイオードが光っているだけで、深紫外線(UVC)ではございません。UVCは製品内部から漏れることが無いように設計していますので、安全にご使用いただけます。

オゾン発生器(Remoba OZONE)を消し忘れても大丈夫ですか?

24時間・365日お使い頂くことを前提に設計していますので問題ありません。